[合唱団 響] [栗山 文昭] [大島 博] [澤江 衣里] [栗友会]

合唱団 響

Members 栗山文昭を指揮者・音楽監督として1981年「合唱団OMP」を結成し、2001年1月「合唱団 響」と改名。結成当時より、古典から現代に至る国内外の優れた合唱作品に学び、演奏経験を積むとともに、邦人作曲家(三善晃、林光、池辺晋一郎、新実徳英、西村朗、三宅榛名、信長貴富ほか)への委嘱を中心に活動している。また、1992年オレゴンバッハフェスティバル、1996年第4回世界合唱シンポジウム&フェスティバル(シドニー)、2001年ベルギー・南フランスでの演奏を行ない、海外に日本の優れた現代の合唱作品を紹介する役割を担った。主催公演のほか、国内外の演奏旅行、レコーディング、そして栗友会合唱団の一員としてプロオーケストラとの共演等の活動を行なっている。1994年まで全日本合唱コンクールに出場し、コンクール大賞2回を含む、9回の金賞を受賞。
OMPの時代より培ってきた「過去に学び、現在(いま)()き、未来を創る」精神を引き継ぎ、栗山文昭氏曰く「360°合唱」を夢見て、合唱が楽しく開放された文化として発展するためにつくすことを目指している。

栗山 文昭(音楽監督,指揮者)

KURIYAMA 島根県に生れる。合唱指揮を田中信昭、高階正光に師事。2002年第20回中島健蔵音楽賞受賞。二期会合唱団、東京混声合唱団で研鑽を積み、現在15の合唱団を有する「栗友会」の音楽監督及び指揮者として活躍する傍ら、21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」の代表幹事として「Tokyo Cantat」「八ヶ岳ミュージックセミナー」などの企画に携わっている。全日本合唱コンクールにおいてはこれまで32の金賞と3回のコンクール大賞を受賞。海外ではスペイン・トロサ国際合唱コンクール(1994)、イタリア・アレッツォでのヨーロッパ・グランプリ合唱コンクール(1995)で東洋に初めてのグランプリをもたらした。他にも世界各国の国際合唱フェスティバルや文化交流事業での招待演奏を行ない、日本の合唱の実力を世界に知らしめると共に日本の現代作曲家の作品を紹介する役割を担って活動を続けている。2007年10月にはイタリア・ボローニャで開催された第4回マリエレ・ヴェントレ国際合唱指揮者コンクール2007の審査員を務め、2010年12月に開催されたニューヨークにおける日本祭では、小澤征爾氏指揮の「戦争レクイエム」において合唱指揮を務め、好評を博した。2001〜08東京藝術大学講師。現在、武蔵野音楽大学教授。グラントワ島根県芸術文化センターいわみ芸術劇場芸術監督。

演奏会2016プログラムから
中也と私と山口線

 「長門峡に、水は流れてありにけり。寒い寒い日なりき。われは料亭にありぬ。酒酌みてありぬ。」で始まる「冬の長門峡」という中原中也の晩年の詩があります。
 私は島根県立益田高校に入学してすぐ、五月だったでしょうか、一年生全員で長門峡へ遠足に行きました。五クラス二百人、益田駅から汽車に乗って長門峡駅で降り、渓谷に沿ってぞろぞろと歩き、詩に出てくる料亭あたりで弁当を食べ、自由散策し同じ道をまたぞろぞろと帰りました。渓谷に沿ったどこかに、中也の碑があった記憶があります。いま一度行ってみたいと強く思っていますが、膝を痛めており、残念ながらいましばらくは無理です。

 長門峡とは詩で私が三十五歳のとき、男声合唱組曲「冬の日の記憶」のなかで再会しました。この組曲は私が指揮していた男声合唱団「東京オルフェオン」が銀行員で作曲家の多田武彦さんに委嘱したものです。詩は中也の詩五編によるもので、そのなかに「冬の長門峡」があったのです。日本の男声合唱団は多田作品が大好きで、いまも歌われているようです。ちなみに、オルフェオンが合唱団OMPになり、現在の合唱団響になります。

 中也の生家は、山口線の湯田温泉駅から十分くらい、私の実家も駅から十分くらいでした。益田に住んでいる頃は中也の時代とおなじで、汽車は蒸気機関車でした。鉄の塊のような蒸気機関車のシュッーシュッーと吐く音や遠くまで長くわたる汽笛はいまでも懐かしく思います。中也の詩にも汽笛がうたわれています。「山の近くを走りながら、母親に似て汽車の汽笛は鳴る。夏の真昼の暑い時。」(夏の日の歌より)
 いまは山口線は味気ないディーゼルカーになってしまいました。現在の萩・石見空港の無かった頃、東京から帰省する際には、新幹線の小郡(いまの新山口)で山口線に乗り換え、湯田温泉駅、山口駅、長門峡駅、島根県に入り津和野駅、そして終点益田駅で降ります。
 いまも山口線は中也を結びつけてくれていると私は思っているのです。
 そして、合唱オペラ「中也!」を通して、佐々木幹郎さん、西村朗さん、浅井道子さん、成瀬一裕さん、中村眞理さん、しままなぶさん、そしてなによりも、オルフェオン、ミニヨン、プリエールの三つの合唱団から始まり歌い演じる合唱団響のみんなが、あらためて敷いてくれたレールでより強く繋がったのです。
 ほら、中也は私たちのすぐ脇にいますよ。淋しそうに、でも友達になりたくてしょうのない顔をして。

過去のプログラムノート


大島 博(ヴォイス・トレーナー)

中央大学法学部卒業後、東京藝術大学音楽学部声楽科に進み、同大学院博士課程修了。86〜88年ミュンヘン音大でE.ヘフリガーに学ぶ。90〜91年D.フィッシャー=ディースカウに師事。各地でドイツ・リート及び日本歌曲によるリサイタルを開くほか、96年からは〈ドイツ・リートのたのしみ〉と題したレクチャーも継続的に行っている。また宗教曲の分野でも初期バロックから現代まで幅広いレパートリーを持ち、中でもバッハ作品の演奏には定評がある。近年は合唱指揮者、発声指導者としてもその活動の場を広げている。
国立音楽大学非常勤講師。アンサンブル<BWV2001>メンバー。

澤江 衣里(ヴォイス・トレーナー)

島根県出身。国立音楽大学声楽科を首席で卒業、武岡賞受賞。東京藝術大学大学院修士課程、同大学院後期 博士課程修了。第79回日本音楽コンクール歌曲部門第2位入賞。第11回東京音楽コンクール第2位入賞(最高位)。J・S・バッハ《マタイ受難曲》《ロ短調ミサ》やカンタータ、モーツァルト《レクイエム》《ハ短調ミサ》、ハイドン《天地創造》、メンデルスゾーン《讃歌》、ブラームス《ドイツレクイエム》等のソロを務める。鈴木雅明氏主宰バッハ・コレギウム・ジャパン声楽メンバー。

栗友会(りつゆうかい)

栗山文昭を音楽監督兼指揮者とする4つの混声合唱団と、6つの女声合唱団と、2つの男声合唱団で構成されている。各団が独立して、定期演奏会、演奏旅行、レコーディング等を行ないながら「栗友会」としても活動している。
宇都宮室内合唱団ジンガメル, 合唱団響, コーロ・カロス, Youth Choir Aldebaran
女声合唱団青い鳥, 合唱団るふらん, うつのみやレディーシンガーズ晶<AKIRA>, 女声合唱団彩, 女声合唱団九月の風, 松本女声アンサンブルAZ
Tokyo male choir KuuKai, うつのみやおとこコーラス粋狂座

主な活動としては、1988年6月にブレヒト作、長谷川四郎訳『子供の十字軍』を青島広志、新実徳英に委嘱、加藤直演出で初演。93年「地球の詩 -三善晃合唱作品の夕べ-」を開催。94年ノルウェーのグレックス・ヴォカリース初来日公演主催。ルワンダ難民の子供たちにクリスマスプレゼントをとチャリティーコンサート主催。95年エストニアのエレルヘイン少女合唱団招聘に参画、招待演奏会主催、2002年「だかあぽこんさあと」(栗山文昭指揮生活30年・中島健蔵音楽賞受賞記念)、2003年「にもんめのにいみとくひでさん&にしむらあきらさん」、2004年「さんもんめのみよしあきらさん」、2006年「よんもんめの はやしひかるさん てらしまりくやさん」、「ごえん・ごちゃごちゃ・ごもんめ」、2009年「ななもんめコンサート」など。

またオーケストラとの共演は、1992年「交響的変容」(水野修孝作曲)、 97年 東京交響楽団(以下東響)/石丸寛「ブラームス:ドイツ・レクイエム」、 98年 新日本フィルハーモニー交響楽団(以下NJP)/朝比奈隆「ベートーヴェン:交響曲第9番」、東京フィルハーモニー交響楽団/大野和士「ヘンツェ:交響曲第9番」、 99年 NJP/岩城宏之「リゲティ:レクイエム」、東響/大友直人「シュミット:詩篇47番」、ベルリン・ドイツ交響楽団/ケント・ナガノ「マーラー:交響曲第3番」、 2000年 東京都交響楽団(以下都響)/ガリー・ベルティーニ「メンデルスゾーン:真夏の夜の夢」、NJP/井上道義「マスカーニ:カヴァレリア・ルスティカーナ,レオンカヴァレロ:道化師」、 01年 NJP/クリスチャン・アルミンク「ヤナーチェク:グラゴル・ミサ」、東響/大友直人「黛敏郎:古事記」、 02年 NJP/ゲルハルト・ボッセ「ベートーヴェン:交響曲第9番」、 03年 都響/井上道義「ショスタコーヴィチ:交響曲第3番(メーデー)」、東京フィルハーモニー交響楽団/岩城宏之「黛敏郎:涅槃交響曲」、NJP/佐渡裕「ベートーヴェン:交響曲第9番」、 04年 読売日本交響楽団(以下読響)/ユーリ・テミルカーノフ「オルフ:カルミナ・ブラーナ」、NJP/井上道義「バカロフ:ミサ・タンゴ」、 05年 ロイヤルフランダースフィルハーモニー管弦楽団/ヘレヴェッヘ「ベートーヴェン:交響曲第9番」、新交響楽団(以下新響)/飯守泰次郎「ラヴェル:ダフニスとクロエ」、NJP/アルミンク「マーラー:交響曲第2番ハ短調 復活」、 06年 読響/セゲルスタム「マーラー:交響曲第2番ハ短調 復活」、NJP/アルミンク「オネゲル:火刑台上のジャンヌ・ダルク」、新響/小松一彦「黛敏郎:涅槃交響曲」、NHK交響楽団/アシュケナージ「ラヴェル:ダフニスとクロエ」、 07年 NJP/アルミンク「ワーグナー:ローエングリン」「J.シュトラウスU:こうもり」、サンクトペテルブルク交響楽団/井上道義「ショスタコーヴィチ:交響曲第2番(10月革命に捧ぐ),第3番(メーデー)」、 08年 NJP/アルミンク「ブリテン:戦争レクイエム」「R.シュトラウス:薔薇の騎士」、都響/ボージッチ「ヴェルディ:アイーダ」、NJPワールド・ドリーム・オーケストラ/久石譲「久石譲in武道館」、 09年 NJP/フランス・ブリュッヘン「ハイドン:天地創造」、NJP/小澤征爾「メンデルスゾーン:エリア(日本語上演)」、NJP/アルミンク「シュミット:七つの封印を有する書」「マーラー:千人の交響曲」、サイトウキネンフェスティバル/小澤征爾「ブリテン:戦争レクイエム」、 10年 NJP/アルミンク「ブラームス:悲歌」「ヴェルディ:レクイエム」、サイトウ・キネン・オーケストラ/小澤征爾「ブリテン:戦争レクイエム」、 11年 NJP/ブリュッヘン「ベートーヴェン:交響曲第9番」「バッハ:ミサ曲ロ短調」、NJP/アルミンク「ブラームス:運命の歌」 など


Backホームへ
藤平 <thompay@mbe.nifty.com>
合唱団 響